カテゴリー:祇園祭

  • 宇治川の合戦をモチーフにされています。 それゆえに、多くの矢が刺さっていたり・・・。 私自身、生で見たことが無いので 画像を見て思ったのは、浄妙山は跳躍感があるなと。 ↑ 御神体がついてる状態が拝観できる時に限って 基本的に時間が合わないので見れたことがない。 ご利益は...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 桜の造花が美しいのが特徴。 ここの粽を戸口に挿すと悪事が入ってこないと言われています。 ちなみに、後祭でもっとも人気のある 粽としてちまき麩があります。 なんと、この粽は食べられます。 だから通称「食べられる粽」なんて言われています。 ↑ 基本的に厄除けや縁結びのご...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 橋弁慶山とは、弁慶と牛若丸の決闘を再現しています。 ちなみにご利益は心身強健ですね。 橋弁慶山のグッズに弁慶の力縄というものがあり これが、弁慶の勇敢な姿にあやかって心身強健にという 願いが込められているのだとか。 1セット600円で売られています。...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 郭巨釜堀りの事故にちなんで作られたのが郭巨山。 なので、釜堀り山とも言われています。 乳隠しと言われる胴掛を吊るす飾り板は この山独特のものですね。 また、屋根があるのも郭巨山だけです。 そんな郭巨山の粽のご利益は金運向上です。...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • この鉾も応仁の乱以前に起源を持っています。 明治4年に以降、一度姿を見せなくなってた鉾ですが 昭和6年に本体が再興されました。 踊りとはやしは室町時代に京都から広まった風流踊。 参考にされてるのは滋賀のケンケト踊からとのこと。 そんな四条傘鉾の粽のご利益は招福厄除。...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 別名「鮎釣山」とも呼ばれています。 ↑ 皇后が鮎を釣って戦勝の兆としたという話からだとか。 なので、御神体は右手に釣竿、左手に釣った鮎を持っています。 また、神功皇后は昔から安産の神として祀られてたので 山鉾の巡行が最初のほうだと、その年はお産が軽いと言われてるそうです。 ...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • もうそうやまと読みます。 筍山とも言われるそうですね。 病身の母を養う孟宗が筍を掘り当ててる姿を現してるそうです。 孟宗山のちまきには親孝行のご利益があるそうです。 また、手拭は可愛らしくポップなものと 和風なもの2種の計3種用意されています。 ポップな柄のものが凡ブラン...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 名前の由来は真木の中ほどの天王座に 放下僧の像を祀ってることからだそうです。 別名「すはま鉾」と呼ばれていて かつては長刀鉾と同じ、生稚児でした。 なので、鉾の上で稚児舞ができる構造になっています。 ただ、昭和4年以降からは稚児人形に変えられました。 粽が1000円で売られて...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 鉾に鶏という名前がつく由来は 使われなくなった訴訟用の太鼓に鶏が巣を作ったからだとか。 ちなみに、鶏鉾の見送は国の重要文化祭に指定されてるので 巡行の時は忠実に複製されたタペストリーを飾ってるのだとか。 ちなみに、この鉾は授与品を購入したり 拝観券を購入することで搭乗することができ...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:
  • 鉾頭に三日月をつけてるのが特徴です。 また、山鉾の中でも一番大きく重たいので 巡行の時なども目立ちますね。 辻回しなどは迫力があり見所かと。 ちなみに、この鉾も応仁の乱以前からあり、 元々はかつら男鉾と呼ばれていたそうです。 ...
    詳しくはこちら
    カテゴリー:

おすすめ・w・b